もあみみ便り

障がいがあってもなくっても、子どもは子ども。あふれんばかりの「愛」を、子らに、犬に、自分に、この世の生き物すべてに、届けたいな。

思いつく。今日は太陽がキレイ。

「ママ、思いついちゃった」

 

というと、上の息子の第一声は大抵、

「やめて~~~~」という。

 

でも、その顔は、にやけている。

 

 

 

これまでの人生で、思いついちゃった、と言って始めたことは、結構多い。

リビングに必要そうな、テーブルの自作。

海外でふと思いついて参加したボランティア団体。

医療ケア児育てながらの仕事。

 

など、など。小さなことから、少し大きなことまで。

 

 

一方で、思いついちゃったのに、行動できなかった(しなかった)ことは、そんなに多くない(?どうだろう、わかんないけど)のに、記憶として残りやすい。

 

 

前の借家の押し入れを、小さな部屋にしようと思いついたこと。

お金を貯めて、世界を周る船に乗ろうと思いついたこと。

 

なぜ、やらなかったことの方を、覚えているのだろうか。

 

 

 

やってみたことは、それが上手くいったかとか、継続しているかとか、究極「良かった」のかとか、そんなことは脇に置いといて、とにかく「やった」こととなる。

 

行動してみて、やってみて初めてわかる世界を「体験」する。

 

そこにこそ、意味があるような気がする。

 

 

その体験した世界が本当に自分にとって心地よい、フィットするものならば、それは続くだろうし、もし、何か想定と違ったからやっぱりやめよう、となったとしても。

 

「思いついたことをやらなかった」

世界とは、もう、完全に違う世界を見ているのだ。やらなかった時には、得られなかった何かを(見えるものであれ見えないものであれ)、ゲットしているのだ。

 

 

 

 

だから思いついたことは、それが正解かどうか考えている暇なんかあったら、やってみればいいのだと、私は思っている。

(・・当然だけど、それがポジティブなことならばね♫)

f:id:leona_moana:20201223131845j:plain