もあみみ便り

障がいがあってもなくっても、子どもは子ども。あふれんばかりの「愛」を、子らに、犬に、自分に、この世の生き物すべてに、届けたいな。

障がい児コミュニケーション

パンパンと、はたけばいいさ。

内緒の話ね。 今日、月曜日なので、なおぽんは学校です。週の始まりは結構大変。 吸引器やお昼の用意、ランドセルに連絡帳、歯ブラシセットといったルーティンの持ち物に加えて、今日はなおぽん、パソコン学習がある日なので、パソコンセットにタブレット。…

風に、のる

昨日、おととい、風が吹き荒れていました。 風の要素が強い私は、その間ブンブンと、嵐のように動き回っていたように思います。 連動しています。 なおぽんがこの1年余りの間にどんどん変化をして、発作の形が変わってきました。ゆっくりと、ゆっくりと、し…

重度障害×視線入力よもやま話①

『視線入力装置』なる目からウロコの情報に、はじめて出会ってから3年が過ぎました。 心の声を秘め、でも思うように体の動かぬ、重度障害児なおぽん。そんな彼でもできること、明るい未来や将来への希望。そんなものをのせて、私となおぽんで出航した「ICT…

生まれて初めてのBZ

「私が勝手にいってるんじゃない。その子がそう、いってるの!」 叫ぶように夫にこう言った後、不思議な余韻がやってきた。 ・・あぁ、私はこの言葉を、(長いこと)吐きたかったんだ。 世の中には、言わない方がいいと思うことや、言ってもどうしようもない…

バリカンは、ある

子ども達の髪が、のびにのびて、のびています。 兄の方は、もうほぼロン毛に近いです。 なおぽんは、上に向かってのびるから、ロン毛というよりはむしろ芸術的な、ヘアスタイル。 ヘアカットの時期が近くなると、きまって以前はふたりそろって、「坊主はいや…

またひとつ

またひとつ、なおぽんの希望を発見。 ロボホン。 全国各地で開催中のロボホン無料体験イベント | ご予約はこちら どこでも繋がるっていうのが、すごい! 思わず「これ、めっちゃ可能性のある福祉機器じゃないですか〜〜!」と興奮した私に、売り場のお兄さん…

2分の1成人式

今日はなおぽんの2分の1成人式でした。 コロナで延び延びになっていましたが、そして今日登校できたお友達は少なかったのですが(同じ学年3人だけでの発表会!ちょっとさびし・・)、先生方は、なおぽんや一人一人が「できること」を上手につかい、引き出…

レオラニ・ヒーリング

なおぽんが、そしてもう一人の子供が、彼らの存在のすべてをかけて私にギフトをくれた(ている)ように。 このクリスマスイブに、私から、ギフトを贈ります。 レオラニ・ヒーリング、はじめました。 いろいろと、整っていない部分はあるけれど、世の中は、ぐ…

私が、今、伝えたいこと

ヒーリングセッションが、できるようになりました。 サウンドヒーリングともいわれる(チューニングフォークを使用)ものも、できるようになりました。 なおぽんが、毎日、ただひたすらに一生懸命に「生きて」いく、ただそれだけを、私も必死に伴走して、追…

できることから、ちょっとずつ

歩く黒いランドセル。 ほんの数ヶ月なのに、ちょっとなつかしい光景とすれ違い、 「あれ?学校?」 って思いました。 よく見ると、肩あてを一生懸命ずりあげながら、ランドセルを背負って歩く、小さな男の子がいました。男の子の横には、ちょっとだけ大きな…

地球のどこかに

なおぽんが入学当時からお世話になり続けている、担任の先生。きっと、来年はもう、さすがにお別れだろう・・。 そんな覚悟を持って、今年1年を過ごしてきた、私たち親子です。 さぞや涙、涙の終業式&離任式に、なるにちがいない、発作だって、起きちゃうか…

たとえ推測だったとしても

「朝型人間になる」ことを、目指している今年。 それでもまだまだ体は夜型で、思わずまた深夜のブログ書き。 なおぽんを囲んでくださる方々に、広まり定着してきた感があること−−– なおぽんが、分かっている、ということ。 なにかにつけて、私でなく、なおぽ…

Go, Go, PokeGo!

ただいま、絶賛、ポケGO! 中のなおぽん。光眩しい連休中の、一コマ。 海を越えたところにいる大切なお友達と、国内の大切な先生方のおかげで、念願の第一歩です。 また、近いうちに、近況報告いたします〜!

イヌの平熱と忘年会(まったく関連なし)

イヌの平熱は、ヒトより1〜2、3度ほど高いのです(38度はぜんぜん平熱)。 冬場は立派な、動く湯たんぽです。 人により添い、その心とカラダを文字どおりにぬくぬくとさせるために、犬も猫も、存在してくれているのかも、しれません。 今日はフラミンゴ…

グラデーション

紅(くれない)に包まれて、不思議なしあわせに包まれた先週末。その日は次々と私の前にグラデーションが繰り広げられて、意味も分からず、ただ、胸が震える気がしました。 葉っぱの色、光に透けた樹々の合間、駐車場の柵からみる夕暮れ。 自分の人生だから…

Superflyとmiyasuku

Superflyからスタートする日々は, 本当にステキ。 私がなんでこんなにSuperflyを好きなのか、その秘密を一つ、お伝えしちゃいます。 『日々 恋をして 胸を焦がしたい』 のフレーズが印象的な今の朝ドラ曲『フレア』ですが(ヒビの「ビ」が、いい感じ♫)、ま…

横ならびで行こう

カマキリにカタツムリ。そして今度はキジバトです。最近、忽然と私の目の前に、生き物が現れます。 有名な歌の歌詞にもあるように、「目にうつるすべてのものはメッセージ」なのだとしたら、これは一体、何のサインかしら、と思いましたが、昨日私の前に現れ…

東京のALS/MNDサポートセンターさくら会の総会に、行ってまいりました

ちょうど1週間近く前になりますが、東京のALS/MNDサポートセンターさくら会の総会に、行ってまいりました。 あつかましい表現をお許しいただくなら、まさに、ツワモノどもでおられる方々ばかりです。障がいを抱えて10年以上であったり、わずかなサインとそれ…

母でないけど母のような・・♫

障がいある子供は、持っているもの、できることが他の子どもより少なくて、かわいそうだな、と、思われているかもしれませんね。世間的には。 でも、彼らが彼らだからこそ得ている、すばらしいことが、数え切れないほどあるってことを、ご存知でしょうか。 …

ボトックス注射

お箸でヨーグルトを食べる休日の朝。ほんの2メートルを動けない、ズボラな親子です。そしてそれを、なんとも思わずに見守る犬(最後は容器とほんのちょっとのヨーグルトをゲット♫)。 休日の朝、と書きましたが、正直、一体、今日は何曜日で何日なのか、分…

近所のネコの目が、つきささる日

天畠大輔さんの本、『声に出せないあ・か・さ・た・な~世界にたった一つのコミュニケーション』(生活書院)を読みました。 そして、お世話になっている伊藤史人氏のブログから、つい昨日、このような記事も拝見しました。 www.poran.net リアルに今、同じ…

こんなことは、めったに起こらない

こんな事はめったに起こらない。また、このコトバ、聞いちゃった。 どうも最近、突拍子もないことが起きる、風が吹いています。 先日はなおぽんの学校で校外学習がありました。看護師さんは同行されないので、医療ケアがいる子(医ケア児)の親も、付き添いま…

『花を生けること』とかけて『視線とり』ととく

その心は。 どちらも360度、全方向からの確認がいるでしょう。 このお花たち、全部あわせて、160円! なんて、お得〜〜!わくわく広場。

Attention, attention!

Attention, please! Written by Naoto Takatori. みんなできる

ありがとう、運動会

昨日は小6の息子の運動会でした。 これが、小学校最後の・・・なんて思ったらもう、最初の整列から涙が出てしまいそう。ましてや、赤と白の大玉を小1から小6までが転がしている日にゃぁ・・・。でも、こんなしょっぱなから涙する人間はそうそうおらず、ひ…

「我が家にはひとりの『(身体的)挑戦者』がいます」・・なんか、よくない?

福岡に福島先生という方がいらっしゃいます。特別支援教育や、障害の子供達に使える最先端のテクノロジーを次々ご紹介してくださって、そのブログはもう、宝箱のようです。先日はFaceboookで、ドイツにあるIntelligazeという視線入力装置の一つをあつかう会…

自分への忘備録

なおぽんの目と鼻の先に、大きく口のさけた黒い犬の顔。まかり間違えば、恐怖の空間。しかし、目元にはわずかな緩みあり。大丈夫、嬉しいらしい。 緑がきれいだよ~、と、窓全開で走る朝の通学路。快か不快か。運転中で顔は見えず。ここはもう、母の独断場を…

この場所での願いはひとつ。意志があることが伝わること。

今日から一泊短期入所する先は、テレビだけを友とする、小学生にはちょっとばかり気の重くなる個室です。 ここ数回は、それでもPPSスイッチを持参して『できる子供なおぽん』のイメージアップ作戦が功を奏してきていたのです(ただ、スイッチにぎって行って、…

夜中のわたしが考えたらしいこと

少し体調がすぐれず、昨夜はバタンと寝ました。おかげで、変な時間に目が覚めて、同じく、なぜか同時にぱっちり目覚めたなおぽんのタンを吸引しました(起きたら途端に、痰がふえる。医ケア児のあるある常識)。 そこからもうひと眠り・・のつもりが、急に頭が…

特別支援学校に通う息子の勉強について、真面目な打ちあけ話です

今年はじっくりと、なおぽんに訓練ゲームだけでなく、お勉強もさせてあげたい、と考えています。 特別支援学校に通っている次男、なおぽん。彼が在籍するクラスでは、国語や算数といった、お勉強系の教科書はもらいません。かわりに、絵本をいただきます。学…