もあみみ便り

障がいがあってもなくっても、子供は子供。あふれんばかりの「愛」を、子らに、犬に、自分に、この世の生き物すべてに、届けたいな。

毎日どんな風に過ぎていくかなんて、やってみなけりゃ分からない

朝、上の子が学校へ。給食室工事中のためお弁当・・ならぬ、白ごはんのみ持たせて(仕出し弁当よ、ありがとう)、送り出す。

 

身支度整えて、なおぽんのお泊まり先へ急行。一泊だけして帰るという、重心の子にあるまじきこのフットワーク!

 

そのまま、特別支援学校へ直行。何とか2時間目に潜りこみ・・・

 

お昼までの束の間、なおぽんをお任せできるようになったので店で晩ご飯の買い物と自分のお昼ご飯をゲットです。

 

大急ぎでいったん家へ戻ると、マロンの大歓待をうけながら(やぁ久しぶり!)お昼ご飯をつめこみ、マロンにも外の空気を吸ってもらい・・

 

ふたたびなおぽんの待つ学校へ。

 

今日はドクターや医療ケアコーディターの先生方に囲まれて、担任の先生が胃ろう注入をして下さる手技テストの日。

(先生、ばっちりでした!入学から1年半、ようやくこの日がやってきました。)

 

その最中に上の子の学校から電話。何かしでかした・・?のではなく、体調悪くて保健室にいますと。

 

なおぽんの給食が終わるやいなや、上の子の学校へ。

 

担任の先生とお話しして、意外に元気な息子をのせて家へ帰ります。

 

お布団敷いて、水分とらせて、助っ人(だんなです)に連絡。病院連れて行って〜〜。幸いに今日は仕事が抜けられるということで、一安心。

 

・・も束の間、とりあえずは上の子を寝かせておいて、なおぽんのお迎えへ向かいます。車で15分の距離だからこそできる、この往復です。

 

なおぽんの方は、相変わらずばたばたと登場する母に、平気な顔。こちらは元気で有難い!ちょっと痰は多いけどね、上出来です。

 

家に戻ると、ゲームしてるしーーーー!けれども、ある意味、体調ひどくなくって良かったのでしょう。だんだんと遠くを見つめ始める私の目。

 

この元気な病人を病院に連れて行ってもらっている間、なおぽんがウツラウツラしてくれているので、ここでやっと仕事開始です。

 

仕事は予定の10分の1も終わらないうちに上の子が戻ってきて、幸い普通の風邪だったようで、ホッ・・とは言ってもです。ただの風邪だってなおぽんがひいたら簡単に入院ものへと化けるのです。空気清浄機や布団の配置に気をつけなくては。

 

・・あーあ、結局すごく近くにいるし、、

 

さらにここぞと今日の日に参戦してくるPTA関係。。

 

玄関脇には、もう2週間ばかり(いやもっとかなぁ?)植えられるのを今か今かと待ち望む花の苗たちがいます。

「もうすぐ植えるからね、ちょっとだけ頑張っててね〜」なんていってからいく数日。

 

目を合わせられない・・(花たちが見つめているような)。

 

これが、今日の私です。(そしてまだまだ続くのだよー)

f:id:leona_moana:20180530215343j:image

Goooood job!! by マロン