もあみみ便り

障がいがあってもなくっても、子どもは子ども。あふれんばかりの「愛」を、子らに、犬に、自分に、この世の生き物すべてに、届けたいな。

バリカンは、ある

子ども達の髪が、のびにのびて、のびています。

兄の方は、もうほぼロン毛に近いです。 

なおぽんは、上に向かってのびるから、ロン毛というよりはむしろ芸術的な、ヘアスタイル。

 

ヘアカットの時期が近くなると、きまって以前はふたりそろって、「坊主はいやだ」だったのですが(いつもイタズラ半分聞いてみるのです)、近頃はちょっと、風向きが変わってきました。

 

上の子は相変わらず、前髪は長くしたいとか切りに行きたくないとか云々、まさか坊主にするはずなど、ありません。

 

 

なおぽんです。

 

学校で"なんちゃら坊主連合"(聞いたけど忘れちゃった)なるものがあって、そこに大好きな先生が入っていると聞いてから、急に

 

「坊主にする(してもいい)」

 

と言い出したのです。

 

 

えーーーーーっ!!まじで~~?

 

 

でも、何度確かめても、うん、と言います。

どうやら、"連合"に、入りたいのです。

 

 

しかも、じゃあ何ミリくらいにいたしましょうと聞けば、大好きな先生と同じくらい、と。

 

 

ふぅ~ん。

 

それはちょっと、寒そうだ。

 

 

予想外のはっきりした意思を、近頃たびたび見せてくれるなおぽん。なんか、こうして一歩ずつ母の手を離れていくのかしら、なんて思って、少しばかりさみしいような誇らしいような。

 

そうこうしている内に、なんとまた驚きの、クラスメートの同級生が、つるんと修業の小僧さんのようになって、登校してきました。昨日のことです。

先を越されてしまって心なしか悔しげななおぽん。

 

 

坊主ヘアー、この極寒の季節に、千葉のごくごく一部で、アツいです。