もあみみ便り

障がいがあってもなくっても、子供は子供。あふれんばかりの「愛」を、子らに、犬に、自分に、この世の生き物すべてに、届けたいな。

緊迫の2羽

帰ると、車を停めたい場所に、鳥が一羽。鳩のサイズで、頭のてっぺんがオリーブ色です。彼の脇に鼻を突っ込む形で、車が真横にいるのに、キッと、自分の前方だけを見つめて、動きません。

 

 

これは、ただならぬ、気配。思わず私は息を止めて、見守ります。なにが、起きているのだろう、この鳥に。

 

 

でも、家に、はいりたいなぁ。クルマを、とめたい。そんな私の心の声が聞こえたのか、トン、トトン、と前方に進むや、バシューーーっと低空飛行で飛び去っていく、オリーブ頭の鳥。すると、驚いたことに、その後を追い立てるようにどこからともなく、同じサイズの茶色い鳥が飛び出してきました。オリーブ頭の去った方角へヒューーーッと。そしてシュタッと、フェンスに降り立ち、勝ち誇ったように、かなたを見送る、茶色の鳥。

 

 

これは、大変緊迫した2羽のかけひきに、邪魔をいれてしまったわ・・と、ちょっと申し訳ないキモチです(とくにオリーブ頭、ごめん)。

 

 

帰って図鑑を調べてみたら、オリーブ頭がアカハラ、茶色がツグミだとわかりました(その瞬間の写真はないのです、ごめんなさい)。両者とも、スズメ目ヒタキ科の仲間で、「跳ねて歩いて、立ち止まる」という動きに、共通点があるらしい。

 

 

 (こちらは、別日に撮った、緊張感のかけらもない、鳥の写真です↓)

f:id:leona_moana:20200211105007j:plain

 

我が家のあるエリアは、幸いにも自然がたくさん残っていて、しかも、ちょうど、住宅街と町の外れ(郊外、田舎ともいう)の境目にあります。一歩マロンと散歩で奥へ行けば、自然に近い森や畑があって、そんな場所は、ただよう空気感が、違うのです。時折、大物(の猛禽類)にも出くわすので、ワクワクします。

 

f:id:leona_moana:20200211002221j:plain



鳥たちのように空を自由にわたる生き物たちは、地球の大地(ネイチャー)と、勝手に線引きをした人間たちとを、優しく、つなげてくれているんじゃないだろか。

 

「(人は)土から離れては生きられないのよ」

(『天空の城ラピュタ』のシータの名セリフ。)

 

 

それにしても、あんなにハッキリと「気迫」のようなものが感じられるんだなぁと、自分のシックスセンスを褒めたくなって、いや、野生だからこそ、その迫力が半端なかったのかなぁと、今日も、自然(ネイチャー)を、リスペクトです。