もあみみ便り

障がいがあってもなくっても、子どもは子ども。あふれんばかりの「愛」を、子らに、犬に、自分に、この世の生き物すべてに、届けたいな。

虫君とはじまる朝

私は虫が苦手だ。

できるだけ、さわらないで済ませたい。でも、フシギなんだけど、すごーく苦手なんだけど、決して彼らを憎んだり嫌っては、いない(と、思う)。

憎まないどころか、ときおり、愛おしさを感じることなど、よくよくある。

 

今朝も、コガネムシを10分の1くらいにしたような小さな虫君が、網戸の目線の位置、室内側にひっついていて、ぎょっとしたけれど、その後そーっと、瓶にのせてお庭へ。

 

お庭の木の葉に、「やれやれ、おげんきでね」と乗せてやったつもりが、ストン、と下に落ち、カツン、という小さな音を響かせて、見れば、ひっくり返っている。

 

そこは残念ながら、土ではなくタイルだったので、しばらく見守っていたがどうにも、どうしたって、背中をタイルにつけて足をバタバタ、起き上がれないらしい。

 

なんてこった。

 

虫って、こんなにも不器用だ。そして、こんなにも、愛おしい。

 

お人好しかなぁ〜とつぶやきながら、いやでも、そもそも、私が変な置き方をしたのかもしれないんだし、と思って、私は虫君を近くの葉っぱでそう〜っと、起こしてやった。

 

そんな風に始まった、日曜の朝、でした。とさ。