もあみみ便り

障がいがあってもなくっても、子どもは子ども。あふれんばかりの「愛」を、子らに、犬に、自分に、この世の生き物すべてに、届けたいな。

くつ下ではたかれる子犬

私には二人の息子がいる。

 

いつか、

 

「おにいちゃんは、ほんとうはぼくと
とっくみあいが したいのだろう」

 

と、弟が言ったことがある。

 

今朝、その「お兄ちゃん」の方が、

手にぶらぶらさせた靴下で、通りすがりに子犬の鼻面をペシッとはたいた。

 

「ゥキャン!」

 

と鳴きつつ、すぐにシッポを振ってついていく子犬。

先の部屋で、ふくみ笑うような声が聞こえる。

 

唐突に、冒頭に書いた、弟の言葉を思い出した。

 

 

 

重い障がいがある弟、とっても普通には遊べない弟、

言葉をスムーズにかわすこともできない弟、

いつも、母をひとり占めにする、弟。

 

今、ぴったりと家にいて、何を感じているのか、兄。

近頃、言葉でよく、弟をいじるようになった。

 

 

私は、私たちは、この社会は、

一見ふつうに元気に暮らす、こうした立場の子に、

やさしかっただろうか。

 

 

なんかまじめに、なんか胸が切なくなる、

休日の朝。

f:id:leona_moana:20210404074218j:plain