もあみみ便り

障がいがあってもなくっても、子どもは子ども。あふれんばかりの「愛」を、子らに、犬に、自分に、この世の生き物すべてに、届けたいな。

どこでもドア

面白い時代がやってきた。

 

昼は障害の(わりと)重い我が子たちが、日本各地から集ってみんなで会話をする。

夜には、姉のハワイアンライブの生演奏を聴く。

  

小さな四角い画面。
もう十分に、ドラえもんの「どこでもドア」候補だ。

 

今いる場所から、自分の好きなものに囲まれたまま、容易にふっと誰かに会えたり、遠くの誰かの世界を、覗かせてもらえたりする。

f:id:leona_moana:20210227205859j:plain

(なんて乱雑な私の仕事風景・・。ちょっとはずかしいけど、気にしないもん!)

 

もちろん、生身の付き合いやふれ合いは、かけがえないものだけれど。
こうやって時空を超えた(?!)繋がりも、想像以上にリアルで楽しい。

 

そして何と言っても、テレビなどマスメディアのように、いらない情報まで押し付けのように渡されることもなく、ピンポイントで選ぶことができる。そう、そうやってもう、選びたいことを自由に選べるほどに、オンライン上に、「私が求めているもの」が溢れている(ちょっと前まではマイノリティーだったようなコトもね♫)。

 

 

面白い時代に、なったものだわ。