もあみみ便り

障がいがあってもなくっても、子どもは子ども。あふれんばかりの「愛」を、子らに、犬に、自分に、この世の生き物すべてに、届けたいな。

白雪姫までは、まだ遠い?

小さい頃から、そして大人になってもなお、憧れ続けていたものがある。

 

それは、まるで見えない糸で結ばれているかのような、人と犬猫やペットの関係。

 

ピタッとどこにいっても側にいて、何も言わずにすいっと寄り添いあう。

 

大人になれば、いつかきっとそんな関係が自動的に築けるのかな、と思っていた。自分で自分の犬を飼えば、そんな風になっていくのかな、と思っていた。

(・・子どもの頃は、どうにも犬に構いすぎて、怒られてました。ウーッって。)

 

ところが、大人になってはじめて飼った「マイドッグ」は、決して私が思い描いたほどにはならなかった。もちろん、お互いになくてはならない、存在であったし最高のパートナーだったけれど。

 

私が、好きすぎて、しつこいのだろうか。

持って生まれた性格や気質だろうか。

しつけを、しすぎたのだろうか。

 

 

いろいろ考えたが、やっぱり自分にとっては、桃源郷の中でしか実現しないことのような気がしていた。

 

ところが。

今、私はそこのところを突き抜けた気がする。

 

マロンは、ある時期を境に、まるで私が夢見たまんま、私と歩みをぴったり揃え出し、どこにいても寄り添うようになった。鳥は、一度ケージから出たら、私から離れない。

 

 

にんまり。

 

ペットは、動物(だけとは限らないが)、地上に生きとし生ける存在。
彼らには、多くの人には見えないものが、みえる。人類が長い時間かけて無視することを選んできたことを、十二分に感じながら、生きている。

 

 

いま、私は、成長したんだな。

やっと、動物たち(生き物たち)が認めてくれるところまで、上がってこれたのかな。

 

でもまだ、白雪姫のようにまではなっていない。
もう少し上がらないと、彼女のようには、いかない。

 

外を歩いていて、野生の鳥や動物たちが、無性に私にすり寄ってくるまで、がんばろう。

 

f:id:leona_moana:20210214191850j:plain