もあみみ便り

障がいがあってもなくっても、子どもは子ども。あふれんばかりの「愛」を、子らに、犬に、自分に、この世の生き物すべてに、届けたいな。

犬と鳥

なっちゃん(鳥)を日向ぼっこさせました。

Lakiちゃん(犬)が、見に来ました。

 

なんと!

 

なっちゃん、喜ぶ!!

 

マロン(犬)には示さなかった、そしていつもは私にだけみせる仕草で、なんとなっちゃん、犬のLakiに寄っていきます。ぷるぷるっと尾を震わせて、情愛のしぐさ。

 

Lakiさんは、ラブラドールとプードルの血を引くもの。本能レベルでは、どうしても、鳥を口にくわえたくなっちゃうはずの、犬種の血を引くもの。

 

 

なっちゃん、気をつけたほうがいい。

 

 

 

でも、なんでしょう。

Lakiもまだ子犬。本能くすぐられる鳥からの愛情表現に、とまどいつつも、割におだやかです。・・Lakiはいったい何を思う。

 

種を超えたコミュニケーションは、そして特にこうした平和なコミュニケーションを目撃するのは、私の魂をゆさぶる、たまらなく好きな瞬間です。

 

 

あぁ、一日中だって、こんな風に観察できたらいいのに。

f:id:leona_moana:20210203235641p:plain