もあみみ便り

障がいがあってもなくっても、子どもは子ども。あふれんばかりの「愛」を、子らに、犬に、自分に、この世の生き物すべてに、届けたいな。

いったい私にどれだけの事ができるというのでしょう

お兄ちゃん(上の息子)の友人が、訪ねてきました。

地元の中学校ではないところへ進んだ、長男です。

小学校卒業以来だから、ほぼほぼ1年ぶりかもしれません。

ちょっと時間ができたから、顔がみれればって。

 

 

先日は、やっぱり小学校時代の同級生数人が、車で通り過ぎる私に、

手を振ってきてくれました。当の息子は乗っていないのに。

 

 

息子は、好かれているんだな、と思います。

 

 

 

次男の方も、なかなかです。

 

 

あんなに表出手段は少ないのに、昨年くらいから、母である私には

「言いたくない」
(けれど、学校とか他でなら、オッケー??)


と、答えるようなことも、増えました。

 

 

つまりは、彼は私に頼らずとも、しっかりと本音を語れる(というか知られても良い)場所を、外につくっているわけです。

信頼できる関係を、いつのまにか。

 

 

私の子ども達は、めちゃくちゃにみんなに好かれたり、たくさんのお友だちをもっているわけでは、ありません。

でも確かに、味方になってくれる心強い存在が、近巻きにも(笑)遠巻きにも、いるようです。

 

 

それぞれに、解決に時間のかかりそうな問題とか大きな悩みとか、抱えているに違いないけれど。

あーでもないこーでもない、と、母である私が右往左往、四苦八苦している間、あれれ?っていうくらいしっかりと、素晴らしい友人、関係者たちに囲まれてサポートされているのです。

 

 

あぁ、ほんとに。

私の子ども達、すごいなぁ・・・。

 

f:id:leona_moana:20210127143719j:plain

 

 

母って、なんぼのことをしてやれるというのでしょう。

 

当たり前だけれど、

何でもかんでも、親が解決してやれるわけなどなく、

何でもかんでも、自分自身が得てきたことのみ正しいわけなどなく、

何でもかんでも、私がどうにかしてやらねば、なんて思ったってしかたなく、

 

 

なぁんだ、あの子達は、あの子達のまんまで、なんにも問題ないじゃん、

 

と。

 

 

ポン、と天に放り投げるように心からそう思えたならば、

きっとまた一つ、自分の成長なのです。