もあみみ便り

障がいがあってもなくっても、子どもは子ども。あふれんばかりの「愛」を、子らに、犬に、自分に、この世の生き物すべてに、届けたいな。

ボトックス注射

お箸でヨーグルトを食べる休日の朝。

ほんの2メートルを動けない、ズボラな親子です。そしてそれを、なんとも思わずに見守る犬(最後は容器とほんのちょっとのヨーグルトをゲット♫)。

f:id:leona_moana:20190803080719j:plain

f:id:leona_moana:20190803082318j:plain

 

休日の朝、と書きましたが、正直、一体、今日は何曜日で何日なのか、分からなくなるような、そんな矢のような日々を過ごしています。

 

昨日は、なおぽんのボトックス注射の日でした。

 

体中のあちらこちらに20箇所ばかり、針で刺していきます。グッと堪えている姿、様子が、母親にはなんとも切ない、けれどもたくましさ、強さを垣間見て、複雑な、それはそれは複雑な気持ち満載の、ボトックスデーです。

 

緊張(体のこわばり、発作?)が強いタイプの我が息子、かつては3ヶ月おきに打てるようになるこの日を、待ちに待っていたものです。体が緩み、ホッとした顔で過ごしてくれれば、こちらもホッとするのです。

ところが最近は、体も大きくなり、発作や緊張のタイプも上半身から上のみで済むようになりました。頻回に入るこのやっかいな緊張ですが、なんとか、5分も待てば治るようになり、このボトックス注射の必要性がグッと減ったのです。

 

効き目はだいたい個人差はありますが2、3ヶ月まで、とも聞きます。実は、この2回ばかり、6ヶ月もあけてしまいました(半年に1回ペース)。打った後は1ヶ月くらい、体のパーツが緩んでいますが、正直、3ヶ月もすれば、ほぼ硬めの体、すなわち元の状態へ。でも以前のように、それはそれで、さほど困らないのです。本人に聞けば、「注射は嫌だ」というし・・。

 

・・・・う〜〜む。

ボトックス。必要なのか、どうなのか・・。体は、やわらかく、維持してあげたいし・・。

にしても筋肉注射は痛そうだ。私なんて、歯茎にする麻酔注射だって、怖くて身構えてしまうのに。

 

静か〜な診察室、無機的な空間で、ただ、ひたすらに「はい、つぎは腓腹筋」「ポチ(絆創膏を貼っていただく)」「はい、つぎは・・」「はい、がんばったね」

が、繰り返されています。

なんか、辛くて、Amazon Musicでなおぽん応援歌をかける私。

流れてきたのは、ゆずの「うたエール」、

『惜しみない拍手を がんばるあなたへ』。

 

いい歌です。