もあみみ便り

障がいがあってもなくっても、子供は子供。あふれんばかりの「愛」を、子らに、犬に、自分に、この世の生き物すべてに、届けたいな。

サイン

結婚してすぐの頃、アメリカはオハイオ州シンシナティという街に、数年、住んでいたことがあります。

 

シンシナティっちゃ、どこ?」

 

と、地理がとっても苦手な私ですが、渡米前のある日のこと。クローゼットから、お気に入りのトレーナーを取り出し、あることに気がついて、びっくり。

 

・・ちなみにこのトレーナーは、高校生の頃に小さな古着屋でゲットして以来、チビの私には大きいLサイズだけど、でも、それをぶかっと来るのが、とっても気に入っていて、何年も着続けていた、トレーナーです。

 

白地に、赤の英字柄が前面に入っていて・・・。

 

と。

この、前身ごろの英字を、よく見れば。なんと!

 

『Cincinnati Reds』(シンシナティ・レッズ

 

と、書かれていたのです。レッズは、シンシナティを本拠地とするメジャーリーグ(野球)のチームです。

 

何年も着続けていたのに、全く気がついていなかった、そして、これからいざ、シンシナティに行く、という時に、初めて気がついた、この事実。

わわわ、ぞぞわわ、と、なんだか予見されていたような気がして、びっくりしました。

f:id:leona_moana:20201028233911j:plain

 

実は、この手のことは、起きています。私だけでなく、きっと、誰の身の回りでも。

 

 

ただそれを、意識してキャッチするのか、それとも単なる偶然、と片付けてしまうのか、そこが、人によって違いが出るところかも、しれません。

 

 

私は、ある時から、これらをキャッチしていく人生を、選びました。だって、そっちの方がずっと面白いし、見方は広くやわらかくなります。

 

 

ちょっと見落としちゃったものも、いっぱいあると思うけれど、意識しだすと、どんどん、キャッチできるサインは増えていくのです。

 

雲の形、車のナンバー(エンジェルナンバー)、ふと目に入る動物や鳥や、風の動き。そう、ちょっとまるで、昔のネイティブアメリカンのように。

 

 

 

先日、なおぽんの担任の先生とお話ししていて、ふと思い出した、エピソードでした。