もあみみ便り

障がいがあってもなくっても、子供は子供。あふれんばかりの「愛」を、子らに、犬に、自分に、この世の生き物すべてに、届けたいな。

なんの意味もないブログです

朝の夢。

中くらいの木の切り株がありました。

そこをのぞいてみると、大きな卵が一つ。

 

お。卵があるよ。

と、私は息子に言いました。

 

ふだんは怖がりさんの息子が、その卵を、エイっと、外に持ち出すと。。

 

同時にそれは、孵化する真っ最中。

 

大きな、濡れた鳥の赤ちゃんが、今にも出てきそう。
へっぴりごしながら、はい、と、殻ごと私にさし出す息子。

 

それならばと、ちょっとビクビクしながら、中の鳥の赤ちゃんをひっ張り出す、私。

 

大きな、大きな、真っ黒のダチョウの赤ちゃんが、出てきました。黒い目が、つやつやと見つめています。

 

かわいい、かわい〜〜、この子!と、なでまくる私。いつしか、フワッフワでもふもふのダチョウに。それは、今思えば、まるでマロンの頭のよう。

 

 

そこで、幸せな気分で目が覚めました。

それが、今朝の、夢でした。



そして、こんなになんの意味もない文章を、いまだかつて、ブログにあげたことがあったでしょうか。

f:id:leona_moana:20200707140822j:plain

(久しぶりにウクレレをもち、E7をド忘れしている自分に・・衝撃(泣))