もあみみ便り

障がいがあってもなくっても、子供は子供。あふれんばかりの「愛」を、子らに、犬に、自分に、この世の生き物すべてに、届けたいな。

深夜のプレゼント

あぁ、うれし。

コロナで大変な中、不謹慎?

でも、これでまたひとつ、心置きがなくなったようです、私の人生。

 

ずーーーーっと、あたためながら、ちょぴりちょぴりと手をつけながらも、なかなか、できずにいたことが、ひとつ、やっと、仕上がったのです。

 

できあがり具合はもう、どうでもよい、ここまでくれば。完成したことに意味があります(笑)。なにが仕上がったのか、それすらも・・・(いえそんなにたいしたものでは、ないのです。ただ、己の心が喜んでいて、書かずにおれない)!

 

なおぽんの発作、このところムラはあるものの、多い日もチラホラ(・・刺激が足りてないのかなぁ)。付き添わねば、と思う心に、いやもう、そこまでは...と疲れ投げやりになってはそんな自分に、さいなまれる心。

 

あー、けれども深夜に、私へのプレゼントだ、できて、よかった〜〜。

f:id:leona_moana:20200421004703j:image

今日の日(もう次の日だけど)に、ありがとう。

たくさん、命をかけて働く人たちに、ありがとう。

日中落ち込むから、ガンバって確保する深夜の時間がある。そんな今日の日中に、ありがとう。