もあみみ便り

障がいがあってもなくっても、子供は子供。あふれんばかりの「愛」を、子らに、犬に、自分に、この世の生き物すべてに、届けたいな。

日記

ああ

深い深い、夢をみる。

 


"おにいちゃん、しゅくだい、が..(んばって)"

 


と弟が指で、私の手のひらに文字をつづる間に、兄はサクッと宿題を終わらせてピアノを弾きはじめる。

 


苦笑するかのように、止まる指。

 


「早いね、お兄ちゃん、宿題しあげるの。」

と、私がいう。

 


"すごいね。"

 


と、指がこたえる。

 


今日はテレビで、クリスマスにちなんだ歌番をやってる。名曲なんかも、たくさん、流れてくる。

 


弟の言葉に、めずらしくちょっとハニカんでから、「千本桜」の早弾きに興じる兄。一方、テレビで森山直太朗うたう「さくら」に、息をとめて聴き入る弟。

 


こんなにも個性豊かで、こんなにも性格も好みもちがって、こんなにも、ありきたりの兄弟で、ふつうに家族の中の時間は流れるというのに、これが、一歩世間にでたら、当たり前でないという事実。

 

 

 

そして、私自身に思う、なんとも言えない、いたらなさ。時々、おそわれる、こんな気分。

 


もっともっと、してやれるはずなのに、みたいな。まだまだ、努力が足りないだろう、みたいな。けどどこかに、だって仕方ないじゃないとあきらめ混じりの、吐息のような。

 

 

 

今日も何でか、パソコン、急に落ちちゃったな・・・やっぱ外付けディスプレイが、いるのかな。県立図書館から借りたデイジー図書、何で再生できないのかなぁ。返却期限はいつだったかな、・・・ぼんやりと、考える。

 

 

 

彼らが彼らのままで、我が子らが、ごくごくありのままに、まっすぐに、思いのたけをぶつけあい、それぞれが、それぞれの社会をもち、過ごし場をもち、ケンカをし、母に反抗し、こっそり秘密話をしあい、時になぐさめたり、励まし合ったりまたやっぱり、ぶつかってはケンカして。

 


できない理由なんて、わたしには何一つ、見当たらないのに、実際には、そのほとんど何一つ、できていないようだ。まだ、はっきりとは、実現していないようだ。世の中的に、そんな事の実現があるなんて、思われていないようだ。

 

 

 

 

 

 

だから、やっぱり、

深い深いため息と一緒に、

夢をみる。

 

 

 

ぼやっとさまよう目が、サン=テグジュペリの上でとまって、ひょっとすると、『ぞうをのみ込んだウワバミの絵』を、密かに抱えて生きる、飛行士みたいなんだなぁ、きっと、なんて、思う。

 

(追記・・翌日手元にある『星の王子さま』の訳書をみたら、「ウワバミ」ではなく、「ボア」と書かれていました)