もあみみ便り

障がいがあってもなくっても、子供は子供。あふれんばかりの「愛」を、子らに、犬に、自分に、この世の生き物すべてに、届けたいな。

どうしたって、とびうお

下の息子の行きつけの病院には、ロビーにとても綺麗なステンドグラスがあります。


初めてこの病院に足を踏み入れた日、高い天井、その脇の、丸いステンドグラスたちに、なんともいえない、静寂さと神妙さのようなものを感じたのを覚えています(休日だったのか、閑散としていたような)。

 

昨日は、こちらはうって変わって月の始まり。とてもにぎやかで混み混みのお会計まちの間でしたが、急に自分が照らされた気がして見あげれば、そこに、このステンドグラス。

 

f:id:leona_moana:20191004102641j:plain



光は、やっぱり人を癒します。

 

 

でも何度見ても、この真ん中のグラスに描かれている生き物は、「とびうお」な気がして仕方ないのです・・。