もあみみ便り

障がいがあってもなくっても、子供は子供。あふれんばかりの「愛」を、子らに、犬に、自分に、この世の生き物すべてに、届けたいな。

好きの力、第2弾

体や心が思うようにならないとき、

自分の立っている場所がわからなくなるとき、

すべきことがわかっているのに、動けないとき、

不安や恐れに負けそうなとき、に、

私がすること。

 


自分の好きなものを、考える。

ただ、それだけ。

 


ただひとつ大事なことは、"自分って、こういう人間なんだよね~"という、お決まりの自分取説に書かれている「好き」ではなく、『今』の自分の「好き」に、なるべく意識を集中すること。

 


私は本来、サーモンピンクが好きだけど、今日は少し淡めのイエローが好きだ。


空がすき。

星を延々と、眺めていたい。

 


Superflyの『Wildflower』、好き。自分の曲のように、かってに感じている。もし私がプロ野球選手なら、打席に入る時に、流してほしい。

 


買い物なら、やっぱりキッチンスポンジ売り場にときめく。実は、いつも、東和産業のスポンジを探している。

 


景色を、指先でなぞるのがすき。

 


犬はいつでも最高。

 


森の動物たちと仲良く暮らす絵に、いつも憧れる。今の朝ドラのオープニング、あのアニメーションで胸が熱くなる。

 


やっぱり、歌がすき。

しばらくお休みしてるけど、・・・歌いたいなぁ。

 


ほら、少しずつ、元気になってくる。考えるだけで、この効果。

 


おためしあれ。

f:id:leona_moana:20190607001037j:image