もあみみ便り

障がいがあってもなくっても、子供は子供。あふれんばかりの「愛」を、子らに、犬に、自分に、この世の生き物すべてに、届けたいな。

イルカの世話

今朝、小学5年の上の子が、学校へ出かける前に、私にききました。

 

「今日、イルカの世話?」

 

まだ半分眠っている私の頭の中が、めまぐるしく動きまわります。

 

なんだろう。水族館?イルカ?なんかそんな話あっただろうか。

(かつて私は獣医でしたが、ただの一度だってイルカの世話などしたことはない。犬か猫か、ガンバっても、亀。)

2匹、イルカのぬいぐるみも頭に浮かびます。何か彼らの世話をするんだったか?

何かの謎かけ?

 

「・・・・イルカの、せわ?」

 

やや長い沈黙を経て、こう聞き返した私に、子供、ニヤリと笑いました。

「・・今日、いる、可能性は?」

 

何だぁ!彼が帰宅した時に、私が家に「いる」か「いない」かと、聞いたのでした〜〜〜(笑)。

 

イルカのお世話について、ほんのちょっととはいえ、その可能性を真面目に考えた自分って、すごいなぁ、なんて、思いました。

 

 

ちなみに、私は大学を卒業してしばらく、本気でイルカのコミュニケーションを学びたい、と思った時期がありました。そのために海外の大学に願書まで出したことも、あったのでした。。。(落ちちゃったけど)。

なんて、久々に思い出して、うん、イルカじゃないけど、コミュニケーションについてなら、何やかやとやってるな、今の自分。そんなにブレちゃいないのかもなぁ・・なんて、感じました。

 

はい、どんなにかっこいいことを言おうとも、筋金入りの、天然おっちょこちょいです(笑)!

f:id:leona_moana:20190117162843j:image